あなたにとって最高の美容というのは、人生におきまして様々なヤル気や自信を持つことが出来るようになるでしょう。
ライフスタイルを改善したところでどうにもならないこともあるので、まずは骨盤ダイエットを実践してみましょう。 ダイエットの際には一日三食の食事は欠かすことなく、時間を決めて同じ時間に毎日食べるようにしましょう。
脳は飢餓状態だと食事を抜いてしまいますと思い込んでしまいエネルギーを体に溜めておこうと働くことから、代謝の妨げになってしまうのでご注意ください。バランスの取れた食事は、健康的なダイエットを成功させるためには大変重要なこととなります。
体内から健康にしてあげることによって、基礎代謝が向上し「太り難い体質」を実現させることが可能になるのです。ダイエットで一番やってはいけないのが無茶な食事制限であり、これではただ体重が減少するだけとなってしまいます。
根本的な体質改善にもならず、無茶をしてしまった反動からリバウンドしやすく、栄養が不足をしてしまい不健康な身体を作ってしまうこともあるのです。



健康的で効果のあるダイエットを実現するエステブログ:01月18日

減量中に体重を測ると、時々、
体重は減っているのに、体脂肪率が増えている
なんてことがありますよね。

なぜ、こんなことが起こるかというと…

それは、
身体の水分が電気を通して、
その通る電気の割合で体脂肪が計算されているからなんです。

身体の水分の分布は
時間帯によって変化します。

寝ている時、体内の水分は身体の中心部に集まります。
逆に活動中は、身体の先端の方に多く分布します。

つまり、朝起きてすぐは、
水分がまだ中心部にある状態ですから、
体脂肪計の電流が通る脚や手には
水分が少ないということになります。

そのときに体脂肪率を測れば、
必然的に体脂肪率は、高めに計測されてしまいます。

立ち仕事が多かった日などは、
重力によって、水分が脚の方にたまりやすくなっていますから
上に乗って脚に電流を流すタイプの体脂肪計だと、
体脂肪率が低く計測される場合もあります。

身体の水分量や分布が一番安定しているのは、
20時の入浴から120分後ぐらいの寝る前だといわれています。

大事なのは、毎日できるだけ同じ時間帯、同じ条件で測ることです。
毎日、同じ体脂肪計で、同じ時間帯に、
できれば同じ条件で測ることができれば、
数値の正確な増減を知ることができます。

逆に測る時間帯もまちまち、
2週間前は入浴前に測ったけど、今日は入浴後だったり、
測る条件も違ったりすると、その数値はあまり参考にはなりません。

入浴だけではなく、体操の前後なのか、食べる事の前後なのか、
揃えたい条件はたくさんあります。

なお、上に乗るタイプの体脂肪計の場合は、
両脚の膝や大腿部がくっつかないように立ちましょう。

くっついていると電流の流れ方が変わって、
正確な数値が測れませんよ。